ハイドロキノンのシミへの効果

肌を白くする作用のある美白化粧品には、ハイドロキノンが配合されているものが多くあります。
ハイドロキノンには、シミを少なくする作用があるからです。

ハイドロキノンのシミへの効果を詳しくご説明します。
そもそもシミとは、肌にメラニン色素が沈着することでできます。
メラニン色素は、紫外線を浴びることで作られます。
紫外線の影響を受けないようにするために、肌がメラニン色素でバリアを張るわけです。
そしてこのメラニン色素が肌に沈着すると、シミになります。

メラニン色素を作っているのは、肌の中のチロシナーゼという酵素です。
そしてハイドロキノンには、このチロシナーゼの働きを阻害する作用があります。
チロシナーゼが働かなくなれば、メラニン色素が作られにくくなります。
つまりシミができにくくなるわけです。

さらにメラニン色素は、酸化することで一層色濃くなるのですが、ハイドロキノンには、これを還元する作用もあります。
つまり酸化によって色濃くなったメラニン色素を、薄くすることができるということです。

そのためハイドロキノンを使用すると、シミの予防や除去ができるわけです。
ビタミンCやアルブチンやコウジ酸にも、やはりシミを予防したり薄くしたりする作用があるのですが、ハイドロキノンはその数十倍は強力です。
その強力さゆえに、以前は医療機関で扱われていました。
使用するためには、医師の許可が必要だったのです。
しかし昨今では規制が緩和され、低濃度なら化粧品に配合することも可能になりました。
現在は、ハイドロキノンが配合されている美白化粧品が、ドラッグストアやコスメショップなどで市販されています。
そしてそれによって美白ケアをおこなっている人も多くいます。

▼化粧品ではなく医薬品がほしい方はコチラ
トレチノイン配合薬を用いて肌の悩みを解決
▼ハイドロキノンとトレチノインが配合されたクリーム
コスメライトクリームはここで買えます
▼医療用の医薬品にも含まれているトラネキサム酸でシミやそばかすを治療しましょう
トラネキサム酸の効果とは